<米国務長官>次期メキシコ大統領と会談 関係改善に本腰

 【サンパウロ山本太一】米国のポンペオ国務長官が13日、メキシコ市を訪問し、次期メキシコ大統領のロペスオブラドール元メキシコ市長(64)と会談した。1日の大統領選でロペスオブラドール氏が当選して以降、2人の会談は初めて。ポンペオ氏は、冷え込んでいる両国関係の改善にトランプ大統領が本腰を入れて取り組む意向だと伝えた。

 ポンペオ氏には、トランプ氏の娘婿クシュナー大統領上級顧問、ムニューシン財務長官、ニールセン国土安全保障長官が同行。ポンペオ氏は会談で「メキシコとの関係を非常に大事にしている」と強調した。一方、ロペスオブラドール氏はツイッターで「トランプ氏への提案を渡した。彼が受け取ったら公表する」と明かした。同席したメキシコの次期外相候補マルセロ・エブラード氏によると、提案は商業、開発、安全保障、移民の4分野に及ぶという。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索