米議会上院は23日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済対策第3弾を巡り、関連法案の採決に向けた動議を否決した。

 与党・共和党案に盛り込まれた総額5000億ドル(約55兆円)規模の企業支援の条件などを巡り、野党・民主党との調整が難航。関連法案の採決入りに民主党が反対し、賛成49、反対46と可決に必要な60票に達しなかった。否決は22日に続いて2回目となる。【ワシントン中井正裕】