<中部空港>「五つ星」認定 中・近距離で初、顧客サービス世界7位 英・スカイトラックス社 /愛知

 世界的な航空業界の格付け会社・スカイトラックス社(英国)が、開港から12年を迎えた中部空港(常滑市)を五つ星評価の「5スター エアポート」と認定した。顧客サービス(CS)で世界の空港全体の7位、中・近距離空港部門と旅客数規模別部門ではそれぞれ1位に選ばれた。【林幹洋】

 同社の格付けは、約500項目の調査に基づいて行われ、中部空港は「空港スタッフによるサービス」「フレンドリーでコンパクトな施設」「空港内の清潔さ」「豊富な飲食物販店」などが高く評価された。

 五つ星評価はこれまで、チャンギ(シンガポール)▽仁川(韓国)▽ミュンヘン(ドイツ)▽ドーハ(カタール)▽香港▽羽田の6空港のみ。中部空港は首都以外の都市に立地し、国内線や飛行6時間程度の国際線、少数の大陸間路線が中心の「リージョナル空港」(中・近距離空港)に位置付けられ、世界約100以上の同種空港の中では初の五つ星獲得という。

 CSでは世界550の空港を対象にした総合評価で7位(昨年6位)となり、リージョナル空港部門で3年連続、年間旅客数規模別部門(1000万〜2000万人)では2年連続で1位になった。

 中部国際空港会社の友添雅直社長は「名誉ある認定で誇りに思う。空港で働くメンバーでさらなる高みを目指したい」とコメントした。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

05時00分更新

愛知のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索