<全日本折り紙ヒコーキ大会>紙飛行機、飛んで〜 600人競う 出雲 /島根

 出雲市の出雲ドームで20日、「全日本折り紙ヒコーキ大会出雲大会」があった。幼児からシニアまでの5部門に約600人が参加。手作りの紙飛行機が地面に着地するまでの時間を競った。

 出雲中央ライオンズクラブが主催。「折り紙ヒコーキ協会」(広島県福山市)の認定指導員がA5サイズの用紙を使って紙飛行機の折り方を指導した。

 大会では5部門で、予選を通過した約70人が決勝に進出。決勝では3分の持ち時間で3回飛ばし、記録に挑戦し、10秒以上飛ばした参加者もいた。

 名古屋市立松原小4年の竹内登功多(とくた)さんは「丁寧に折って体のバネを使って投げるのがコツ。目標の10秒に届かなくて悔しい」と話していた。【藤田愛夏】

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

16時33分更新

島根のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索