<第99回全国高校野球>徳島大会 徳島商、好カード制す 城東と城北も2回戦へ /徳島

 第99回全国高校野球選手権徳島大会(県高野連、朝日新聞社主催)は15日、鳴門市のオロナミンC球場で1回戦3試合があった。屈指の好カードとなった第1試合は第3シードの徳島商が4−3で池田を降した。また、城東が阿波に2−1でサヨナラ勝ち、城北は阿波西を6−4で振り切った。【大坂和也】

 ▽1回戦

池田

  000200100=3

  20110000×=4

徳島商

 (池)増井力、酒巻、白川、西岡−吉田

 (徳)佐藤−森影

▽三塁打 小舟、武田(徳)

▽二塁打 佐藤(徳)

 徳島商がリードを守りきった。初回、小舟と武田の連続三塁打などで2点を先制。1点差に詰められ迎えた四回1死満塁、小舟の適時打で突き放した。池田は七回、六車の適時打で再び1点差に迫ったが、及ばなかった。

阿波

  000100000=1

  001000001=2

城東

 (阿)吉本−村田

 (城)大西−浦上

▽三塁打 多田(城)

▽二塁打 大西、中西(城)

 城東が競り勝った。三回、三塁打の多田が、武市の内野ゴロで生還し先制。同点の九回には、二塁打の中西を犠打で三塁に進め、相手のボークでサヨナラ勝ちした。阿波は八、九回に好機を作ったが、攻めきれなかった。

阿波西

  004000000=4

  00010050×=6

城北

 (阿)明石正、川原−北尾

 (城)和田、湯浅陽−田中

▽三塁打 近久(城)

▽二塁打 山口(阿)庄野(城)

 城北が4点差を逆転した。四回に死球の板東を犠打と盗塁で進め、敵失に乗じて1点を返すと、七回には近久の適時三塁打などで一挙5点を奪った。阿波西は三回、川原の適時打などで差を付けたが、後半に崩れた。

 ◇後輩、教え子頑張った 元阪神選手・宮内さん

 ○〓池田は一歩及ばず敗れた。スタンドには、池田が選抜で4強入りした時代の主将で、阪神タイガースの選手だった宮内仁一さん(50)=写真=が、兵庫県から応援に駆けつけていた。現役引退後、野球塾を開き子どもたちを指導している宮内さんは「(中学まで教えていた)教え子の最後の大会なので、このためだけに来ました。久々に池田の試合を見られた。負けはしたが、頑張っていたと思う」と選手たちをたたえた。

 ◇痛恨のボークも胸張って 阿波・吉本投手

 ○〓阿波の吉本健人投手(3年)は、同点の九回裏1死三塁、故意四球を企てた。しかし、投球時に捕手の足がボックス外にあったためボークと判定。城東が1点を勝ち越し、阿波の夏が終わった。鳴川真一監督は「こんな悔しい思いをさせるとは。吉本はチームをよく支えてくれた」と悔やんだ。思いもよらぬ判定で涙を飲んだ吉本投手だが「昨夏もサヨナラ負け。後悔はあるが、このチームでやって来られて良かった」と胸を張った。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

徳島のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索