<茨城知事選’17>告示 多選や原発争点に 現新3氏、17日間論戦へ /茨城

 任期満了に伴う知事選が10日告示され、17日間の選挙戦がスタートした。立候補したのは、7選を目指す現職の橋本昌氏(71)▽新人で元IT企業役員の大井川和彦氏(53)=自民・公明推薦=▽新人でNPO法人理事長の鶴田真子美氏(52)=共産推薦=の3人(届け出順)。いずれも無所属。

 6期24年の橋本県政と多選への評価のほか、日本原子力発電東海第2原発(東海村)の再稼働に対する姿勢などが争点。橋本氏と大井川氏は水戸市内で、鶴田氏はつくば市内でそれぞれ第一声を上げ、有権者に支持を訴えた。投票は27日に行われ、即日開票される。【大場あい、玉腰美那子、川崎健】

 ◇橋本陣営

 橋本氏は午前10時から水戸市千波町のホテルで出陣式を行った。多くの市町村長のほか、自民県政クラブの県議も駆け付け、約5100人(陣営発表)が集まった。五十嵐立青・つくば市長は「茨城をここまでにしたのは、市町村のことを第一に考え、知り尽くしている橋本氏だ」と訴えた。

正午には水戸市泉町の京成百貨店前で第一声。その後、大洗町の市場や東海村、ひたちなか市の駅前で演説を行い、支持を訴えた。

 ◇大井川陣営

 大井川氏は午前10時、JR水戸駅南口で支持者約3000人(陣営発表)を前に第一声。額賀福志郎元財務相や梶山弘志地方創生担当相ら県選出の国会議員が応援演説した。額賀氏は「今回の選挙はチェンジ橋本が我々の目標だ。大井川知事を誕生させ4年以内に魅力度ランキングを30位以内に格上げさせたい」と話した。その後は、県内各地を移動。日立市内での演説には公明党の山口那津男代表が応援に駆け付けた。

 ◇鶴田陣営

 鶴田氏は午前10時から、つくばエクスプレスつくば駅前で第一声を上げた。イメージカラーのピンク色のTシャツなどを着た支持者ら約650人(陣営発表)が集まり、村上達也前東海村長や共産党の田村智子参院議員らがあいさつした。田村氏は「東海第2原発再稼動の問題を争点に押し上げたのは鶴田さんだ。市民と野党の協働で、国民の声をまったく聞かない安倍政権にも痛打を与えよう」と支持を呼びかけた。

 ◇期日前投票所を商業施設に新設 日立市選管

 10日に告示された知事選で、日立市選挙管理委員会はJR日立駅前の商業施設「イトーヨーカドー日立店」1階催事場に期日前投票所を新設する。開設期間は11〜26日午前9時〜午後8時(21〜24日は午前10時から)。

 また昨年の参院選に続き、市内の茨城大工学部と茨城キリスト教大にも期日前投票所を設置する。茨城大工学部は24〜26日E1棟1階多目的ラウンジ▽茨城キリスト教大は21〜24日、10号館1階ロビー。ともに午前10時〜午後6時半。【佐藤則夫】

………………………………………………………………………………………………………

 ◆候補者の第一声(届け出順)

 ◇県民本位の政治する 橋本昌氏

 24年前と比べると、茨城は大きく変わった。高速道路や空港などインフラの整備ができた。企業立地は面積で全国1位だ。

 少子超高齢化社会に向けたモデルを作っていきたい。認知症は軽度の段階で対策をしたい。保育園の待機児童ゼロや保育士の待遇改善を目指す。18歳未満の医療費を無料化するなど新時代の福祉モデルが必要だ。教育も重要だ。非正規教員の正規化を図りたい。特別支援学校を増設し、取手市の女子生徒自殺は県で調査する。

 日本原子力発電東海第2原発の再稼働は重要な課題だ。安全性や避難計画の実効性が担保できなければ、再稼働は認めない。原発は将来的には減らしてもいい「減原発」の姿勢だったが、30キロ圏内に住む96万人は本当に避難できるのか。さまざまな声を踏まえながら、原発は認めない方向にこれからかじをきっていきたい。命と暮らしを守るためだ。県民ファースト、県民本位の政治をやっていく。【玉腰美那子】

 ◇経営感覚取り入れる 大井川和彦氏

 今後の茨城は24年間の延長ではなく、新しい発想で人口減少や少子高齢化などの問題と勇気を持って戦わなければならない。そこでどんなリーダーがふさわしいのか。行政や民間、グローバル事業での経験、多様な引き出しがあり、やる気や若さ、実行力がある人間こそ茨城に必要だ。

 国から言われることをそのままやるのではない。自ら考えて企業や市民団体、県民と汗をかき、一緒になって何か新しいことを創造する。他の県とは違うことをやる。そういうことが求められる時代になる。現代は「第4次産業革命」とも言われ、全ての物がコンピューターにつながる時代だ。そうした動きを取り入れるには他県との横並びでは駄目だ。真っ先に挑戦して、リスクを取り、民間の経営感覚を取り入れた新しい県の行政を私が作る。

 次世代の子供や孫たちにどんな茨城を残すのか。この責任を果たすために全力で、全身全霊で戦い抜きたい。【川崎健】

 ◇命に優しい県政実現 鶴田真子美氏

 知事選に挑戦する第1の目的は、東海第2原発の廃炉の実現だ。茨城で始まり、全国に波及した原発をこの茨城で止めたい。東京電力福島第1原発事故の後、福島で見た惨状は忘れることができない。福島の問題が解決していないのに、東海第2原発再稼動の話が出ることに、大きな怒りを覚える。

 17年間の市民活動の中で、草の根で地をはうようにして人間や動物のために活動し、冷たい県政を目で見て、肌で感じてきた。茨城県は財政力がありながら、福祉、医療、教育は全国最低クラスであることへの憤りは大きい。犬や猫が虐待されていると聞いて駆け付けると、そこには貧困や障害など人間の問題がある。行政の力でこういった問題を解決する、命に優しい県政を実現していきたい。

 ゼネコンや大企業にお金を稼がせるような、中央だけを見ている知事はいらない。私の全ての時間、お金、人脈を県民の命第一の政治のため使うことを約束する。【大場あい】

………………………………………………………………………………………………………

橋本昌(はしもと・まさる) 71 無現(6)

 全国港湾知事協議会長▽全国知事会副会長[歴]福井県財政課長▽山梨県総務部長▽自治省消防庁消防課長・財政局公営企業第1課長▽東大

大井川和彦(おおいがわ・かずひこ) 53 無新

 [元]ドワンゴ役員[歴]通産省シンガポール事務所長▽経産省課長補佐▽マイクロソフト執行役員▽シスコシステムズ執行役員▽東大=[自][公]

鶴田真子美(つるた・まこみ) 52 無新

 NPO法人「動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN」理事長▽武蔵野音大非常勤講師[歴]聖徳大非常勤講師▽東邦音大非常勤講師▽慶大非常勤講師▽東京外大=[共]

………………………………………………………………………………………………………

 ■解説

 ◇為政者のあり方問う

 今回の知事選は、与野党対決の構図ではなく、大きな政治潮流を見る選挙とは言えないだろう。しかし知事の権力、さらに為政者のあり方について、改めて考えさせる貴重な材料を提供している。

 まず挙がる争点は7選を目指す橋本昌知事の多選の是非だ。「権力は腐敗する」との一般的な批判がある一方、首相や都知事が次々代われば、その不安定ぶりが批判される。適切な期間はどのくらいか、それとも大事なのは交代可能な仕組み自体なのか、権力の有りようが問われる。

 そして争点に急浮上しているのが、日本原子力発電東海第2原発の再稼働だ。原発は為政者の本質をさらけ出させる「踏み絵」だ。昨年7月の鹿児島県知事選では、九州電力川内原発の一時停止・点検を訴えた新人候補が、4選を目指した現職候補を降した。しかし当選後は容認に転じ、求心力を失った。票欲しさで安易に脱原発を標榜(ひょうぼう)すればしっぺ返しが待っている。一方、一切の交渉を拒み、「国策」と正面から対峙(たいじ)すれば、地方行政が全て立ち行かなくなる危険もある。そこに完全なる正解はない。

 知事の権力、さらに為政者とはどうあるべきか、有権者一人一人に政治観を問う選挙になる。【山下智恵】

………………………………………………………………………………………………………

 ◇選挙人名簿登録者数(9日現在 在外含まず)

市町村名          男         女        計

水戸市       110,114   116,542   226,656

日立市        78,099    77,955   156,054

土浦市        59,226    59,867   119,093

古河市        60,129    59,804   119,933

石岡市        32,102    32,777    64,879

結城市        21,226    21,467    42,693

龍ケ崎市       32,333    32,732    65,065

下妻市        17,942    17,891    35,833

常総市        25,293    25,509    50,802

常陸太田市      22,965    24,064    47,029

高萩市        12,474    12,833    25,307

北茨城市       19,018    19,293    38,311

笠間市        31,982    33,496    65,478

取手市        45,478    47,049    92,527

牛久市        34,803    35,654    70,457

つくば市       90,509    88,331   178,840

ひたちなか市     66,215    65,507   131,722

鹿嶋市        29,269    27,476    56,745

潮来市        12,137    12,311    24,448

守谷市        26,797    26,732    53,529

常陸大宮市      18,475    18,898    37,373

那珂市        22,836    23,951    46,787

筑西市        44,106    44,776    88,882

坂東市        22,838    22,301    45,139

稲敷市        18,122    18,270    36,392

かすみがうら市    17,824    17,545    35,369

桜川市        18,135    18,861    36,996

神栖市        39,576    37,199    76,775

行方市        15,119    15,249    30,368

鉾田市        20,677    20,391    41,068

つくばみらい市    21,036    21,013    42,049

小美玉市       21,497    21,258    42,755

茨城町        13,990    14,204    28,194

大洗町         7,057     7,302    14,359

城里町         8,714     8,985    17,699

東海村        15,560    15,457    31,017

大子町         7,840     8,219    16,059

美浦村         6,924     6,513    13,437

阿見町        19,556    19,754    39,310

河内町         4,015     4,110     8,125

八千代町        9,147     9,087    18,234

五霞町         3,806     3,771     7,577

境町         10,409    10,254    20,663

利根町         7,126     7,405    14,531

県計      1,222,496 1,232,063 2,454,559

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

茨城のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索