<写真展>写真クラブ会員が力作50点を展示 横手 /秋田

 横手市山内地域の写真愛好グループ「さんない写真クラブ」(小原一夫会長、14人)はこのほど、同市駅前町の市交流センターY2ぷらざで写真展を開いた=写真。

 毎年、山内地域の文化祭で写真展を開いているが、同センターでの開催は2度目。堂々としたブナの巨木、勇壮な横手の梵天奉納、青天のヒマラヤ連山、笹(ささ)巻きを黙々と作る女性の一コマ「笹巻きバーチャン」など、会員たちが思い思いに撮影した力作約50点を展示した。

 同会は創立32年。合併前の旧山内村での文化祭を通じて写真好きが集まり発足した。男鹿半島や能登半島(石川県)へ撮影旅行をするなど会員の親睦と撮影技術の向上を図っている。

 現在の会員は50代から70代が中心。同会顧問の谷藤清人さん(69)は「生きがいとしてこれからもみんなで楽しく続けたい」と話していた。【佐藤伸】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

秋田 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索