<ジャンボナシ>果汁たっぷり 安芸高田で収穫 /広島

 安芸高田市甲田町上小原の向田梨園で、ジャンボナシの収穫が始まった。今年は天候にも恵まれたことから甘くてみずみずしいナシが出来たという。

 同園では今年、晩生種の「新雪」「愛宕」「晩三吉」の3種17本に約3000個が実った。大きいもので重さ2・3キロ、直径16・5センチある。ただ、経営者の向田光明さん(76)は重さ3キロを目指しているといい、「今年も達成できなかった。来年こそは3キロを作りたい」と意気込んでいた。

 販売価格は1キロ600円。常温で3カ月以上日持ちするため、歳暮などの贈答用に購入する人が多いという。愛宕は予約制で既に完売の見込みといい、晩三吉などは直売店で販売される。【岡本幸信】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

広島 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索