<大型客船>イタリア「コスタ・アトランチカ」県内初寄港 下関 /山口

 イタリアの「コスタクルーズ社」が運航する大型客船「コスタ・アトランチカ」が14日、下関市の長州出島に寄港した。同船は県内初寄港となる。

 コスタ・アトランチカは全長約290メートル、総トン数8万5619トン。乗客乗員合わせて約3600人を運ぶことができる。

 11日に中国・天津を出発した観光客約2500人は、13日は福岡市を観光し、14日の朝に長州出島に到着した。船から下りた中国人のヤン・ユーさん(36)は「シャンプーなど日本の方が安いものがあるので、買い物が楽しみ」と話した。大型バス約60台が出迎え、北九州市の免税店や門司港レトロ地区などを巡った。

 長州出島は現在、岸壁の延伸工事が進められており、来年4月からは世界最大級のクルーズ船の受け入れが可能になる。

 市港湾局振興課の上野智昭クルーズ振興室長(51)は「市内を周遊してもらえるよう、他の地域とも連携していきたい」と話した。コスタ・アトランチカは14日夕に出港し、16日に天津に到着する。【佐藤緑平】

〔山口版〕

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

山口 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索