<鳥取書道代表十人展>活躍の10人、新春の筆 14日まで /鳥取

 鳥取書道代表十人展(実行委主催、柴山抱海委員長)が11日、鳥取市尚徳町のとりぎん文化会館展示室で始まった=写真。14日まで。

 今回で30回の記念展で、毎日書道展や読売書法展、日展の審査など全国的な活躍をみせる県東部の書家たちの研さんの場となってきた。10人の書家が一人あたり幅4メートルの壁面を使って、複数の作品を披露している。

 柴山委員長は「40代で意気盛んなメンバーが中心になって始めた書展で、回を重ねてきた。新春にふさわしく新鮮な書の姿を見ていただきたい」と話している。トップ集団に続く「鳥取書道選抜三十人展」も同時開催している。

 18日から2月1日まで、鳥取市国府町の因幡万葉歴史館でも国府展を開催する。【松本博子】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

鳥取 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索