<積雪>県内観測 市民の足に影響 徳島市内、4年ぶり3センチ /徳島

 上空に強い寒気が流れ込んでいる県内では11日、徳島地方気象台によると午前5時に東みよし町で4センチ、徳島市で3センチの積雪を観測した。徳島市で3センチの積雪を記録したのは、2014年2月14日に4センチを観測して以来、約4年ぶり。県内では路面が凍結し、車がスリップするなどの事故が多発。通勤ラッシュと重なった幹線道路では、最大16キロの渋滞が発生し交通にも混乱が生じた。【松山文音】

 気象台によると、11日の最低気温は、海陽町=氷点下3・2度▽三好市東祖谷京上=氷点下2・7度▽徳島市=氷点下0・8度−−となり、8観測地点のうち7地点で0度未満の「冬日」となった。また、徳島市を含む3地点で今季最低気温を記録している。

 降雪による交通事故も多発した。徳島北署によると、11日朝、徳島市と松茂町に架かる国道11号の「新加賀須野橋」で路面が凍結し、スリップした車の事故が相次いだ。10台の車が物損事故を起こしたが、けが人はいなかった。事故の影響で約2時間半通行止めとなった。

 県警交通企画課によると、11日正午までに、積雪や路面凍結の影響によるスリップ事故は人身7件、物損38件。追突やバイクの転倒など、けが人は7人で、うち重傷が1人。

 通勤ラッシュに重なり交通渋滞も各地で発生した。徳島市川内町大松から小松島市南田野町の国道で約16キロ、吉野川橋から松茂町向喜来の県道で約9キロの渋滞があった。

 JR四国によると、徳島線で特急2本と普通列車2本の計4本が運休し、約150人に影響が出た。徳島発の高速バスでも、迂回(うかい)や、渋滞で遅れが相次いだ。

 県内の小中高校と特別支援学校の計60校が臨時休校し、16校が授業開始を遅らせるなどの対応をとった(午前11時現在)。

 気象台によると、11日夕方から強い寒気が再び流れ込み、気象台は12日正午までの24時間に多い所で北部山地10センチ、北部平地5センチ。南部山地3センチの降雪を予想している。引き続き積雪や路面凍結などによる車の立ち往生や、農作物やビニールハウスなど農業施設の管理を呼び掛けている。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

徳島 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索