<寄贈>本通じ、命の大切さ学んで 山田養蜂場、藍住南小に24冊 /徳島

 蜂蜜関連製品を製造販売している山田養蜂場(岡山県鏡野町)は12日、「みつばち文庫」を藍住南小(藍住町奥野)に24冊寄贈した。

 同社は、本を通じ豊かな心を育んでもらおうと1999年から全国の小学校に「みつばち文庫」の名で本を寄贈。同校への寄贈は10回目で、今回は生き物図鑑やハチミツに関する絵本などが用意された。文化広報室の黒瀬かおりさん(52)は「本を読んで人と人とのつながり、命や自然環境の大切さを学んでほしい」と話した。

 本の寄贈に合わせて、ミツバチの生態などを学ぶ「みつばち教室」も行われた。3年生の矢野那菜さん(9)は「今日学んだことを家族にも教えたい。(山田養蜂場のある)岡山にも行ってみたい」と笑顔を見せた。【岩本桜】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

徳島 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索