<チャリティーセール>西日本豪雨・大阪北部地震、被災者支援 奈良・陶器店「アレグレの森」 すぐ使えるセットも /奈良

 ポーランド産を中心に国内外の陶器を扱う奈良市川上町の「アレグレの森」が、西日本豪雨や大阪北部地震の被災者を支援するチャリティーセールを行っている。オーナーの浦口尚子さん(66)は「一日も早い復興に役立ててほしい」と話す。

 店では「お見舞いとりあえずグッズ」を販売。豪雨や大阪北部地震の被災者がすぐに使えるようにと、長崎県の「波佐見焼」の茶わんや湯飲み、箸などの詰め合わせで、通常の3300円を、仕入れ値以下の1000円で売る。被災者や被災者にお見舞いしたい一般の人が対象で、既に広島の被災地にも発送したという。

 また、浦口さんは16日午前11時〜午後3時、奈良市学園南2のイタリア料理店「642PIZZA」で、ポーランド陶器の出張販売をする。浦口さんがデザインした新作を含む100点ほどを出品し、売り上げの大半を豪雨被災者の支援に充てるという。

 先月18日の地震の直後、浦口さんの店には多くの客が心配して駆け付けてくれた。幸い被害はなかったが、「人の心は温かい。他の人にも何か恩返ししたい」とチャリティーセールを企画したという。浦口さんは「今はただ失望感で何も考えられる状態ではないかもしれない。しかし、絶対にいい日はやってくる」と力を込める。問い合わせはアレグレの森(0742・27・2577)。【佐藤英里奈】


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる

関西の主要なニュース

奈良 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索