「家の片づけを始めるても、なぜかなかなか進まない」と思うことってありますよね? そんな悩みを10年以上前からブログでつづったことで、モノに囲まれた暮らしから「もたない暮らし」に変えた人気ブロガーのriamo*さん。そんなriamo*さんの著書『「もたない暮らし」の始め方』(すばる舎)から、誰でもすぐに試せる「片づけ上手になる工夫」をお届けします。
pixta_25172941_S.jpg
「1ヵ月76分」の探し物の時間が減る
1ヵ月 76分
1年 912分
人生80年 72960分
何の時間かおわかりになりますか?
これは、人が一生で探し物に費やす時間です。
家の鍵がない、スマホがない、明日提出の資料がない......。
ないない。お心当たりありますか?
さっき、ここに置いたはずなのに、たしか、この中に入れたはずなのに......。
......はずなのに、ない。
みなさんご経験があることと思います。
見つかるまで、ずっとモヤモヤを抱えて、何も手につかなくなる。
それが大切なものであればあるほど、焦りますよね。
モノを捨てるメリットは、モノを探し回る時間をうんと減らせることです。
先日、キッチンの壁紙をセルフリフォームしました。
いつも何もないリビングに、家具やモノを移動して、足の踏み場もないほどになりました。
おもちゃ箱をひっくり返したような、ごちゃごちゃとした状態です。
すると、いつもは何かを落としても、何かを置いてもすぐに見つかるのに、この日に限っては、あれがない、これがないと、ずっと探し回っていたのです。
モノが多いだけで、こんなにも探す時間が増えるのかと、実感しました。
ごちゃごちゃとした環境では、頭の中もとっ散らかってしまいます。
1ヵ月・76分は、1時間16分。
これだけの時間を、探し回る時間に使っているなんて、もったいないことです。
モノが減ったら、もったいない時間も減る。
さて、この1時間16分に、あなたは何をしますか?
掃除が早く終わる
掃除がラクに簡単になることも、モノを捨てるメリットです。
子どもの頃の、学校の掃除当番。
教室は机や椅子がたくさんあって、掃除がしにくくありませんでしたか? まずは、机や椅子を移動するところから始めていましたね。
一方、何もない体育館は、端から端まで、ざーーーっと雑巾がけができる。
家でも同じことが言えます。
何もない部屋は、掃除もラクに簡単になります。
スッキリキレイになって気持ちいいと思う掃除は、みなさん嫌いでないと思うのです。
嫌いになる理由は、何かを移動して掃除をすること。
そのちょっとしためんどくささが、掃除を複雑にしてしまうのです。
吟味して買うようになり、お金が貯まる
モノを捨てるもうひとつのメリットは、お金が貯まること。
「貯まる」とは少し大げさかもしれませんが、お金を使わなくなる結果、お金が貯まると言っておきましょう。
安く簡単に買えてしまうことで、どんどんモノを増やしてしまう。
でも一度、家中のモノを見直し、もたない暮らしを始めると、100円ショップのものでさえ、これが本当に必要なものなのか、よく考えるようになります。
100円だから、まぁいいよね〜という考えがなくなります。
その思考の変化は、モノを減らしたことによる最大のメリットだと思います。
さて、最後に、デメリットについてもお話ししておきます。
捨てなきゃよかったという話をお聞きします。
一度、片づけを始めると、何でもいらないと気分が高まって、何も考えずにポイポイ捨ててしまうことがあります。
お金を出せば買い直せるものならまだしも、二度と手に入らない思い出の品は、慎重に行ってください。
私自身は、捨てるデメリットをあまり感じることがありません。
メリットの方が、うんと大きく感じるからです。
モノに対して執着心がないからなのかもしれません。

093-H1-motanaikurashi+.jpg月間100万PVを長期達成している人気ブログ「やさしい時間と、もたない暮らし」のブロガーが手掛けた初著書

riamo*(りあも)

神戸市在住。ライブドアブログ公式ブロガー。ブログ「やさしい時間と、もたない暮らし」は長期にわたり月間100万PVを達成。毎日の暮らしをちょっぴり豊かにするもの選びや余計なものを持たない暮らしなどをつづり、多くのファンから愛されている。