<この体験記を書いた人>
ペンネーム:真珠
性別:女
年齢:53
プロフィール:主婦です。子供はおらず、55歳の夫と二人暮らしです。夫の意外な一面に胸キュンしました。
2.jpg
夫は無口で大人しく、家では、縦のものを横にもしないタイプです。
趣味もなく、休日は家でゴロゴロと寝てばかりです。
夫に対して特別に不満はないのですが、かといって、ドキドキとときめくようなことは、この20年くらいありませんでした。
そんな夫の意外な一面を知ったのは、今年(2020年)の2月にあった、私が所属する山歩きのサークルでのイベントです。
夫は会員ではありませんし、普段は私のサークル活動に何の関心も示しません。
ですが、私が今回初めて幹事を任されたと知ると、自分もビジターで参加すると言い出したのです。
日頃の行いを見る限り、連れて行っても役に立たないだろうと思いました。
それどころか、慣れない山道歩きでケガをしたり、体力がもたずに途中でリタイアしたり、みんなのペースについていけずに迷惑をかけたりするのではないかなど...「足手まといの予感」しかなかったんです。
ですので、「仕事で疲れているんだから、無理しなくていいよ」とか、「山道、けっこうキツいけど、大丈夫?」とか、暗に「参加しないでいいよ」というメッセージを送り続けました。
しかし、夫は「絶対に行く」と言って譲りません。
仕方なく、私は夫の参加手続きをしました。
山登りのイベントの当日、私は「どうか、夫がメンバーに迷惑をかけたり、ケガをしたりしませんように」と祈りながら、集合場所へ向かいました。
私の心配をよそに、夫は電車の中で居眠りをしていました。
口を開け、やや間抜けな寝顔でした。
ところが、集合場所の待合室に着くと...
夫は豹変しました。
「はじめまして、家内がいつもお世話になっています」
口元をきりりと引き締め、日頃の無口さはどこへ行ったのか、さわやかにメンバーに挨拶して回るではありませんか。
さらに、私が会費の徴収を始めると、さりげなく横に立ち、メンバーを並ばせ、会費を受け取り、釣り銭を渡してくれたのです。
おかげで、私はリストにチェックを入れるだけで済みました。
これだけでも充分に見直したのですが、夫は山歩きで、さらに「魅せて」くれました。
その日の山はハイキングとしてはけっこうキツいコースで、慣れているメンバーでも息が上がり、杖が必要な程でした。
それなのに、休日はいつもゴロゴロしている夫が、息も切らさず、杖も使わず、グングンと登っていくのです。
メンバーから「ご主人、ずいぶんと慣れているけど、山岳部出身?」と訊かれたくらいです。
頂上でみんながゼイゼイと息を切らし、汗だくになっているなか、一人で汗ひとつかかず悠々と景色を眺める夫は、自分の夫ながら眩しかったです。
「何で、こんなにキツいコースなのに平気なの?」
そう尋ねたところ、子供の頃から山歩きが好きで学生時代にはよく山へ行ったこと、普段も時間があるときは、バスや電車を使わず歩いていることなどを話してくれました。
自分の話はほとんどしない人なので、恥ずかしながら、まったく知りませんでした。
さらに、懇親会では会費の徴収はもちろんのこと、飲み物の手配や、話題に入れない人に話しかけるなどの気遣いを見せました。
メンバーからも「優しくてステキなご主人様ね」と褒められ、鼻が高かったです。
「今日の半分でいいから、家でももうちょっとシャンとして」
そんなことを頭の片隅で思いつつ、家にいる時とはまったく違う、夫の頼もしい姿に胸キュンした私でした。