<この体験記を書いた人>
ペンネーム:masako
性別:女
年齢:53
プロフィール:主婦です。55歳の夫と二人暮らしです。もうすぐ80歳になる母に困っています。
4.jpg
もうすぐ80歳になる母は一人で暮らしています。
父は9年前に亡くなっており、もちろん寂しいとは思いますが、社交的で友達も多い母は、それなりに人生を謳歌しているように見えます。
そんな母ですから、当然のことながら出かけるのも、人が集まる場所も大好きです。
旅行や観劇、コンサート、新年会に忘年会、打ち上げ、納涼会と活発に遊び回っていました。
今まではそれでよかったのですが、コロナウィルスが猛威を振るい、外出自粛まで要請された今年は事情が違います。
緊急事態宣言が解除されたとはいえ、感染のリスクがまったくないわけではありません。
不要不急の外出を避け、ステイホームをもうしばらくは続けるべきだと思っています。
母は、早くから感染者が多発した地域に住んでいます。
そのため、母も母の友人たちも感染を恐れ、当初はおとなしく自粛していました。
すぐに終息すると思っていたようです。
ですが、コロナとの戦いが長期化するにつれ、母はすっかり自粛に飽きてしまいました。
酷かったのは5月に入ってからで、メールや電話で「遊びに行きたい、友達に会いたい」と盛んに訴えてくるようになったのです。
「終息したら、旅行でもレストランでも好きなところに連れて行ってあげるから」
「高齢者は死亡率が高い」
「感染したら、ご近所にも迷惑がかかり、もうそこに住めなくなるかも」
さまざまな言葉で宥めたり、脅したりして、何とか思いとどまらせてきました。
ですが、ついに我慢の限界がやってきました。
「私はもうすぐ80歳だから、我慢して長生きするよりも、残りの人生を楽しく過ごしたい」
母のこの言葉は堪えました。
たしかに、外出を自粛していても、感染の可能性はゼロではないでしょう。
もし、母に何かあったら「こんなことなら、好きなように過ごさせてあげればよかった」と、後悔するかもしれません。
それでも、母が感染したらかなり危険ですし、母がすでに無症状感染者で、外出することで感染を広げてしまう可能性がある以上、心を鬼にして、ステイホームを続けてもらいました。
「お母さん、お願いだから、もう少しだけ我慢して。お母さんにはどうしても長生きして欲しいの」
母も私の泣き落としが効いたのか、どうにか思いとどまってくれました。
猛威は過ぎ去ったものの、コロナが完全に終結したわけではありません。
それまでは緊急事態宣言中ほどではないものの、外出を減らし、濃厚接触を避けるのが、今後の新しいライフスタイルになっていくのだと思います。
しかし、母がそれに耐えられるか、心配でなりません。
もし友達に誘われでもしたら、絶対に出かけたり、大人数で集まったりてしまうと思います。
そのとき、どうやって母を止めたらいいのか?
この悩みはしばらく解消しそうにありません。