<この体験記を書いた人>
ペンネーム:しらたま
性別:女
年齢:45
プロフィール:家の片付けをしたところ、物の多さに自分で驚きました。食料品だけ買えば、今後、何年も困ることはなさそうです。
46.jpg
45歳の私は、子供の頃から、強度の近視と遠視の症状があります。
小学生からメガネ、中学生からはコンタクトレンズを使い始めました。
両眼とも視力が0.1以下なので、裸眼で過ごすことは全くできません。
視力が悪いのは、何かと不便なものです。
視力矯正をしないと何も見えないし、眼鏡やコンタクトレンズを装着していると、顔まわりに物や手が触れることに非常に敏感になります。
メガネが壊れたり、コンタクトレンズがずれたりしないようにと、常に気を付けているためです。
また、もっと視力が悪くなったらどうしようと、子供の頃からいつも不安でした。
視力が悪いからといって失明するわけではないでしょう。
しかし、このままどんどん視力が悪くなって、何も見えなくなったらどうしようと考えてしまい、子供心にとても怖かった覚えがあります。
眼科で視力検査をするたびに、前よりも視力が落ちていると、本当にがっかりしていました。
眼科に行くと、視力をよくするための方法を書いたポスターが貼ってありますよね。
暗いところで本を読まない、テレビやパソコンの画面を長時間見過ぎない、緑を眺める、目が疲れたら休めるための眼球の運動をする。
少しでも視力がよくなりますようにと、書いてあることを全て試してきました。
しかし、視力の低下を押さえる効果があったかどうかはわかりません。
また、大人になってからは、目に良いというブルーベリー配合のサプリメントを服用してみたこともありますが、正直、効果が得られたと感じたことはありません。
また、仕事でパソコンの画面を長時間見ることが多いので、目を酷使しすぎないように、常に気を付けています。
そんな私も40代中盤となり、少し上の世代の友人たちは、老眼が出始めたと言います。
近視や遠視があっても、老眼にはなるそうですね。
以前どこかで、近視の人は遠視にならないと聞いたことがあったような気がしたので、悠長に構えていました。
しかし、それはどうやら勘違いだったようです。
近視でも老眼になることを知って、見えなくなることへの恐怖が、改めて湧いてきてしまいました。
今は昔よりも医療技術が進歩し、メガネやコンタクトレンズだけではなく、レーシック手術などでも安定した効果が得られると言います。
ですが、失敗例もあると知って、レーシック手術を受ける勇気は出ませんでした。
これまで、見えなくなることの不安といつも隣り合わせで生きてきたからこそ、見えなくなるのは怖いものです。
新しい視力矯正の技術に対して不信感を持ってしまうのは、仕方がないことなのかもしれません。
これから先の人生、日常生活に支障がないように、メガネやコンタクトレンズで矯正ができるのか不安です。
今後も、さらに手軽で安全に視力を矯正できる方法が出てくることに、期待しています。