<この体験記を書いた人>
ペンネーム:とらとら
性別:女
年齢:51
プロフィール:51歳の兼業主婦。最近膝が痛くて困っています。
6.jpg
私は51歳の兼業主婦です。
40代後半に差し掛かった頃から体にガタがきはじめ、ついこの間まで五十肩で肩が上がらず困っていました。
温めたり、肩を回すストレッチなどを続けたことで、肩の症状はようやく治ってきたと思っていました。
しかしそう思ったのもつかの間、先日から今度は膝が痛くなってしまいました。
足を曲げたり急に立ち上がろうとすると、膝の内側に電気が走るような鋭い痛みが出るのです。
私が旦那と一緒に生活している部屋は離れの二階にあり、毎日階段を上り下りしなくてはならないのですが、それすらも一段一段足を止めながらなんとか移動しています。
また、田舎という地域がら地区の集会などあるのですが、畳の部屋に座布団を敷いての正座というのが多く、痛みでろくに座れない状態です。
近所の人達にも見られてしまい、恥ずかしく思っていました。
肩がストレッチなどでだいぶ良くなってきたので、膝も筋肉を伸ばすことで良くなるのではないかと思ったりもしたのですが、いかんせん膝などどうストレッチをすればいいのか分からずじまいでした。
「友達が高校を出た後そういう関係の専門学校へ行って、今はスポーツトレーナーをしているから聞いてみるよ」
子供(22歳)に膝のことを話すと、と電話でその友人に連絡をとってくれたのです。
一通り症状を説明したところ友人からはこんな答えが返ってきました。
「直接触ってないから、はっきりそうだとは言えないが、おそらく曲げた時に痛むことと、その痛む場所から大腿四頭筋がかなり張ってしまっているのではないか」
また彼は、息子にメッセージアプリでどんなストレッチが効果的かという動画も送ってくれました。
私は大腿四頭筋という言葉を知らなかったのですが、調べてみると大腿直筋、外側広筋、内側広筋、中間広筋という筋肉の総称で、膝を伸ばしたりする動きの際に使われるものだそうです。
大腿四頭筋が張る原因は腰からくるもの、生活習慣、筋肉が弱っているなどいろいろな原因があるようです。
しかし、改善しないとこの痛みは消えません。
私は早速その夜から教えて貰ったストレッチを試してみることにしました。
子供が「母さんは運動が苦手だから」と伝えてくれていたため、すごく簡単に続けられるものを教えてくれたようで、正座の状態でそのまま上体を後ろに倒れるだけのものでした。
もちろん最初は正座自体が出来ないので、太ももの裏にクッションを入れて膝を曲げる角度を浅くしたものから始めました。
それでも初日は痛くて痛くてどうなることかと思いましたが、数日お風呂上りに続けていくとだんだん正座が出来るようになってきました。
まだ階段を登るのは、一段一段ですが、膝の痛みも幾分になってきた気がします。
この年で歩けなくなるのは嫌なので、膝のストレッチも頑張って続けていこうと思います。