夏野菜にぴったり!自家製ピクルスの作り方と活用レシピ

夏野菜にぴったり!自家製ピクルスの作り方と活用レシピ

キュウリやパプリカ、トマトなど夏野菜がいよいよ食べ頃の季節! そして夏野菜と相性ぴったりなのがピクルス。保存もでき、酸味のきいた味は夏バテの食欲不振でも食べやすくこの季節にはうってつけです。そこで自家製ピクルスの作り方と、作ったピクルスを活用したレシピを紹介します。

つけ汁が肝心!自家製ピクルス

自家製ピクルスは材料さえ用意してしまえば、ほとんど手間いらずで意外と簡単にできます。

【材料】
・お好みの野菜…適量
・ワインビネガー…100cc
・白ワイン…100cc
・塩…6g
・砂糖…16g
・ローリエ…1枚
・赤唐辛子…1本
・にんにく…1片
・コショウ…少々

【作り方】
1) 野菜を食べやすい大きさに切っておく
2) 野菜以外の材料をすべて鍋に入れ、一度沸騰させてから冷ましてつけ汁を作る
3) 野菜をさっとゆで、タッパーなどに移し、つけ汁を入れて冷蔵庫に入れてできあがり

4〜5日くらいつけ込むと食べ頃になります。ピクルスができたら、そのまま食べてもおいしいですが料理にも活用しちゃいましょう!

酸味が決め手!自家製タルタルソース

ピクルスを使ったレシピと言えばタルタルソースが定番! チキン南蛮やフライにつけて食べると◎。

【材料】
・ピクルス…6cm程度の物3本
・ゆで玉子…2個
・玉ねぎ…1/4個
・塩コショウ…少々
・マヨネーズ…大さじ10杯
・レモン汁…小さじ1/2杯

【作り方】
1) 玉ねぎをみじん切りにして10分ほど水にさらしてから、硬めに絞る
2) ピクルスを細かく切り軽く水分を絞っておく
3) ゆで玉子の白身をみじん切りにし、黄身は適当に潰しておく
4) 玉ねぎ、ピクルス、ゆで玉子を入れた容器に塩コショウ、マヨネーズ、レモン汁を入れてよく混ぜたら出来上がり

塩は少なめにして、混ぜながらちょっとずつ調整すると失敗しづらいです。

ピクルスと魚肉ソーセージのトースト

朝ご飯にぴったりの手軽に作れるトーストです。

【材料】
・食パン…1枚
・刻んだピクルス…大さじ1杯
・魚肉ソーセージ…2/3本
・ケチャップ…適量
・マヨネーズ…適量
・塩コショウ…少々
・粉チーズ…適量

【作り方】
1) ピクルスをみじん切りにする
2) 魚肉ソーセージを1cmくらいの厚さで輪切りにする
3) パンにピクルスをのせて広げ、魚肉ソーセージを並べる
4) ケチャップとマヨネーズをかけ、塩コショウと粉チーズを振る
5) トースターで焼いたら出来上がり

ピクルスは味の濃さに合わせて量を調節してください。

自家製ピクルスは作るのが簡単でおいしいだけでなく、様々なレシピにも活用できます。特に夏野菜を使うことが多いので、この季節においしいピクルスをたくさん作っちゃいましょう!
(文・姉崎マリオ)


関連記事

おすすめ情報

ママテナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索