「パティ」じゃなくて「つくね」!ファミマが“和風バーガー”を発売!

「パティ」じゃなくて「つくね」!ファミマが“和風バーガー”を発売!

時々、無性に食べたくなるハンバーガー。一般的には、パティやレタス、オニオン、トマトなどの具材をサンドしますが、ファミリーマートが新たに発売したハンバーガーは「つくね」が主役なんです!

つくね&オムレツのシンプルバーガー

2019年8月20日(火)、ファミリーマートが発売したのが、「つくねバーガー」(税込298円)です。この「つくねバーガー」は、根菜を混ぜたつくねと目玉焼き風のオムレツをサンドし、しょう油ベースのたれで味付けしたものだとか。

ファミリーマートではこれまでも、「てりやきソースのチキンバーガー」や「フライドチキンバーガー」、「チキン南蛮バーガー」など様々な種類のハンバーガーを発売しており、7月には「ロコモコ風バーガー」が新たに登場したばかり。「お好み焼き風バーガー」や「すき焼きバーガー」といった和風かつ変わり種のハンバーガーも話題になりましたよね。

マクドナルドやモスバーガーなどのファストフードもいいけれど、より手軽にゲットできるため、コンビニのハンバーガーを買うこともしばしば。そこで、「つくねバーガー」を食べてみることにしました。


甘辛だれがつくねとマッチ!

先ほどの商品説明でもお伝えした通り、具材は円盤状になったつくねと目玉焼き風のオムレツのみ。電子レンジで軽く温めてさっそく食べてみると…?

バンズがふわふわなのは、これまでの商品と変わらず。もはや、ファミリーマートのハンバーガーの大きな特徴のひとつになっていますね。

肝心のつくねは、甘辛のしょう油だれとの相性がバツグン。根菜のシャキシャキ食感もアクセントになっています。目玉焼き風のオムレツは半熟になっており、とろとろの黄身も◎。レタスなどの野菜がなく、かなりシンプルなハンバーガーですが、つくねとオムレツのよさがかえって際立っておいしいです!

パティに比べるとジューシーさは劣るものの、よりあっさりとしたハンバーガーに仕上がっていて、ガッツリ食べてもあまり罪悪感がないのもうれしいポイント。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。
(文・明日陽樹/TOMOLO)


関連記事

おすすめ情報

ママテナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索