桜のシーズンではあるけれど、なかなか外出する気にはなれないという方は少なくないはず。少しでも春っぽさを感じるために、コンビニスイーツを試してみてはいかがでしょう?

セブン-イレブンの和パフェ

コンビニ各社やカルディコーヒーファームなどでは、桜を使用したお菓子やスイーツが販売されていますよね。どれもかわいいですが、2020年3月18日(水)にセブン-イレブンが発売した「宇治抹茶と桜の和パフェ」(税込332円)はちょっと渋め。

京都宇治の老舗お茶屋「伊藤久右衛門」が監修した和風のパフェで、伊藤久右衛門の宇治抹茶の風味や深みのある味わいが特長です。容器のなかで抹茶ゼリーと抹茶ホイップ、桜ホイップが層になっていて、さらに抹茶ホイップと白玉、こしあん、塩漬けにした桜の花、桜ホイップが盛り付けられ、華やかな仕立てになっています。

甘いけどすっきりとした後味

前述の商品説明のとおり、抹茶ホイップと桜ホイップがたっぷりと使われている「宇治抹茶と桜の和パフェ」は、なかなかの甘さがあります。こしあんも甘めだから、食べ始めはガツンとした甘みが口のなかに広がり、甘いもの欲求を満たしてくれそう。

しかし、食べ進めていくと、甘さが控えめですっきりとした苦味が特徴の抹茶ゼリーが出てくるので、口のなかがさっぱりと整って◎。

さらに、もちもち食感の白玉が2個トッピングされているため、食べごたえも十分だし、塩漬けにした桜の花の塩味と香りがいいアクセントになるから、最後まで食べ飽きずにおいしくいただけました。

抹茶や桜のフレーバーが心地いい「宇治抹茶と桜の和パフェ」は、自宅にいながらちょっとお花見気分を味わえそう。気になる方は近所のセブン-イレブンで探してみてくださいね。
(文・奈古善晴/オルメカ)