掃除機だけでは取り除くことが難しいハウスダスト。ハウスダストを吸い込んでしまうとアレルギー反応や肌荒れを引き起こすことがあるといわれています。ハウスダストを意識しながらお部屋をキレイにする掃除のコツをご紹介します。

ハウスダストは肌荒れにつながる?

定期的に掃除はしているものの、掃除機をかけるだけといった人も多いと思います。たまにはハウスダストを意識した掃除をしてみませんか?

そもそもハウスダストとは一体何を指すのでしょうか。ハウスダストはホコリのなかでも1ミリ以下のもので、ダニの死がいや糞のほか、花粉、衣類などの繊維のくず、カビや細菌などさまざま。体内に入るとアレルギー症状を引き起こし、肌荒れなどにつながる可能性があるのだとか。

ハウスダスト対策! 掃除のタイミングは朝

ハウスダストを意識したお掃除方法とはどのようなものでしょうか?

ハウスダストはとても軽く、人が動くと舞い上がり、寝ているときには床に落ちています。このため、掃除のタイミングは朝がおすすめです。

フローリングなどの場合、フロアモップなどで静かに拭き掃除をした後で掃除機をかけます。先に掃除機をかけてしまうと、床に落ちたハウスダストが舞い上がってしまうためです。エアコンの風や換気で窓を開けても舞ってしまうので、拭き掃除のあいだは注意してください。

照明器具や棚の上のほか、テレビの裏や配線などにもハウスダストがたまりやすいのでしっかりと掃除しましょう。

ハウスダストによる余計な肌荒れも防いでキレイな部屋で心もスッキリ。ハウスダストを意識した掃除、ぜひお試しください。