夏はやっぱり刺激的なものを食べたくなるというみなさんに朗報です。すっごく刺激的なカップラーメンが全国発売されました!

「AFURI 柚子塩らーめん」の最辛作!

そのカップラーメンとは、日清食品が2020年6月29日(月)から全国で販売を開始した「日清 東京NOODLES AFURI 覚醒 激辛柚子塩らーめん」(希望小売価格:税別220円)のことです。

「AFURI 柚子塩らーめん」の最辛(さいしん)作となる同商品は、ラーメン界にポップかつモダンな風を吹きこむラーメン店「AFURI」の新ブランドである「AFURI kara kurenai(からくれない)」の看板メニュー「柚子kara kurenaiらーめん」の味わいを再現した商品です。

鶏清湯(とりちんたん)をベースにした激辛スープは、唐辛子の刺激的な辛さと、鶏と魚介のしっかりとしたうまみが特長で、AFURIらしい柚子の爽やかな香りと味わいがポイントなのだとか。

さらに、別添の「覚醒香油」を加えれば、目が覚めるような辛さを楽しめるそう。

独特の味わいがクセになる!

「日清 東京NOODLES AFURI 覚醒 激辛柚子塩らーめん」は、容器のなかに熱湯を注いで4分待ち、仕上げに「覚醒香油」を加えたら完成です。

筆者は実際に商品を購入して食べてみたのですが、想像していた以上に辛くてびっくり! 食べ始めは柚子の爽やかな香りと酸味があり、「そんなに辛くないかも?」と思ってしまいますが、あとから唐辛子の辛さが口のなかに広がります。

辛さと酸味が特徴のスープと、細麺がよくあって食べ進みのよい仕立てに…といいたいところですが、なかなかの激辛度なので、辛いものが苦手な方では食べ進められないかもしれません。

辛さと酸味のおかげで、本当に“目が覚めるような”刺激的なおいしさです。ほかの激辛グルメではあまりみかけない独特な味わいは、クセになってしまいそう。辛いものが得意な方は、ぜひ食べてみてくださいね。
(文・奈古善晴/オルメカ)