コーヒーの苦味とマスカルポーネの濃厚な味わいが人気の「ティラミス」。ローソンが、夏仕様のティラミスを発売したそうなのですが、いったい何が「夏」なのでしょうか……?

CUPKE新作は「夏ティラミス」

2019年の10月に初登場して以来、「こだわりカカオのショコラ」や「栗きんとんモンブラン」、「香ばしいパイのミルフィーユ」など、様々な種類のケーキを生み出してきた「CUPKE」シリーズ。2020年7月7日(火)、また新たなケーキが発売されました。その名も、「CUPKE 夏ティラミス(コーヒーゼリー使用)」(税込270円)です。

この商品は、“生クリームのような独特の乳味感とコクがある、北海道産マスカルポーネチーズ使用”したスイーツで、“夏向けにコーヒーゼリーを使用したティラミス”なのだとか。

「CUPKE」シリーズには、以前「くちどけティラミス」がありましたが、それとは別物……? 「夏」ってどういうこと……?


コーヒーゼリーでさっぱり!



一般的なティラミスと大きな差はなさそうですが、前述のようにコーヒーゼリーが使われているのが本商品の特徴。そもそもマスカルポーネ自体が、コクがありつつもしつこさはないさっぱりとした味わいな気がしますが、コーヒーゼリーのおかげでよりさっぱり感が際立つというか、清涼感が出るというか、「夏」をアピールする理由がわかった気がします。

しかも、コーヒーゼリーはみなさんが想像するようなドゥルドゥル系ではなく、よく見なければわからないほどスポンジやクリームになじんでいるので、“ごく普通のティラミスを食べているのにさっぱり”といった感じ!!

さっぱりとは言いつつもコーヒーの苦味はちゃんと残っているし、全体的に甘さ控えめなので、まさに夏にピッタリの一品です。ティラミス好きのみなさんは、要チェックですよ!
(文・明日陽樹/TOMOLO)