7月21日(火)と8月2日(日)は、「土用の丑の日」。毎年この日には「うなぎ」を食べるという人も多いのではないでしょうか? 専門店へ行かなくても、スーパーやコンビニで気軽に買えるようになったうなぎですが、筆者は断然「松屋」推し。今年も「うな丼」が帰ってきました!

監修が変わったらしい

2020年7月14日(火)午前10時に発売開始した「うな丼」は、松屋フーズグループの本格鮨ブランド「すし松」が監修したもの。“ふわふわとした肉厚な身のうなぎに、松屋特製うなぎダレをかけた”一品だとか。

この「うな丼」は昨年も発売され、「コスパがよすぎる」「うなぎがふわふわ!」「うなぎが大きくていい」「おいしいという噂は本当だった」など、かなり話題になりましたよね。昨年は、“伝説のうなぎ屋”として多くの食通に愛されたという名店「小満津(こまつ)」が監修していたはずですが、今年は変わったんですね。


コスパよすぎでしょ……!

せっかくなので、贅沢に「うな丼ダブル」(税込1390円)をチョイス。肉厚のうなぎが2枚、ドーンとのっています。

松屋ヘビーユーザーの筆者は、昨年も「うな丼」を食べていて、「クオリティが高すぎて震えた」と書いた気がしますが、感想は今年も同じ。身はふっくら、皮の近くはとろっとしていて食べ応えがあるし、変な生臭さなどもなく、1500円以下でこのおいしさ、このボリュームはコスパよすぎでは……? 甘辛い特製ダレと山椒のピリ辛も食欲を増進してくれて、夏にピッタリの一品ですよ。

ほかにも、うなぎと牛めしをダブルで楽しめる「うなぎコンボ牛めし」(税込990円)や味の変化を楽しめる「うなとろ牛皿御膳」(税込1100円)などもラインナップされているので、こちらもあわせてチェックしてみてくださいね! 最後に一言……いますぐ松屋へ行くべし!!
(文・明日陽樹/TOMOLO)