イグナイトアイ株式会社の採用管理システム「SONAR ATS」と、株式会社SmartHRのクラウド人事労務ソフト「SmartHR」のAPI連携が、人事・労務担当者の間で話題になっている。

この連携によって、これまで採用担当者の手を煩わせていたが「入社手続きに必要な情報のCSVファイルへの出力」や「システムへファイルをインポートして登録」、「システムへの情報の手入力」が省けるからだ。

SONAR ATS からSmartHR に取り込み可能な情報は、氏名、フリガナ、メールアドレス、性別、現住所、電話番号、顔写真、履歴書、職務経歴書などで、SONAR ATSに登録している採用候補者が、内定承諾をすると、入社予定者情報がSmartHRへシームレスに同期可能となる。

また、顔写真やPDF情報など入社手続きに必要となるテキスト以外の情報の登録の効率化にもつながる。

複雑でアナログな人事労務業務をシンプルにすることで、人事労務担当者が「より価値のある仕事に集中できるようにする」ことを目指しているSmartHRと、「創造的な生き方、働き方」の実現を目指すイグナイトアイのAPI連携は、「担当者が目の前の煩雑な業務から解放され、より本質的な業務に専念してほしい」という両者の思いが一致したからである。

業務の効率化が叫ばれているが、人事・労務担当者の業務は煩雑なアナログ的な要素が多く、効率化という点では、他の業務よりもかなり遅れている。それが、SONAR ATSと、SmartHRのAPI連携によって、大幅な省力化、効率化につながる可能性がある。

それぞれのサービス内容については、下記のサイトで確認できるので、人事・労務担当者はチェックしておくといいだろう。

【関連サービス】

◆SONAR ATS

「SONAR ATS」は、企業の採用活動を成功に導く、全く新しい採用管理システムです。新卒・中途のあらゆる採用ニーズに対応し、統合的な管理を可能にします。

◆SmartHR

2年連続シェアNo.1(※)のクラウド人事労務ソフト。 雇用契約や入社手続き・年末調整などの労務手続きのペーパーレス化し、 SmartHRは煩雑で時間のかかる労務手続き・労務管理から経営者や人事担当者を解放し、企業の生産性向上を後押しします。 ※『HRTechクラウド市場の実態と展望 2019年度 労務管理クラウド部門』ミック経済研究所調べ