「新しい生活様式」への適応が求められるようになり、男女の「出会い」の機会も減少しているようですが、こうした情勢下で、イマドキの男女は、どのような「出会い」を望んでいるのでしょうか。



希望する出会い方は「自然に出会いたい」が最多

結婚相手紹介サービスの株式会社オーネットが、未婚・既婚を含む20 歳〜39 歳の男性(222 名)、女性(220 名)を対象に実施した「自然な出会いに関する意識調査」によると、希望する出会い方でもっとも多かったのは「自然に出会いたい」(66.5%)でした。

その「自然な出会い」が、「行きつけの場所」(51.8%)、「職場」(51.3%)、「学生時代の友人・知人」(51.3%)、「趣味の集まり」(43.3%)に加え、「オンライン飲み会・イベント」が16.9%あったことは、“デジタル社会ならでは”といえそうです。

「自然な出会い」を求める理由は、「生活の中で人柄を知り、自然に惹かれることが理想だから」(44.8%)、「自然な出会いに憧れがあるから」( 36.6%)、「出会いを求めている状況が苦手だから」( 23.9%、)「出会いにお金をかけたくないから」( 22.4%)です。

自然な出会いから結婚に至ったのは26.8%

ところで、男女あわせて 70%が「自然な出会い」を経験したことがあると回答していますが、気になるのが、その後、どう発展したのかではないでしょうか。

「交際に至らなかった」が18%で、「交際したが、上手くいかなかった」が34.2%、「結婚はしていないが現在も交際継続中」が20.6%、「交際し、結婚に至った」が26.8%で、「自然な出会い」では、交際まで至るケースが多いようです。

しかし、リモートワークとなり、飲み会も自粛傾向となれば、「生活の中で人柄を知り、自然に惹かれる」理想の出会いは、なかなか難しい状況にあるといえるでしょう。そこで注目を集めているのが、デジタル社会ならではのマッチングサービス・アプリです。

マッチングサービス・アプリの利用経験者は57.1%

MMD研究所がスマートフォンを所有する20〜49歳の独身の男女に実施した「2020年マッチングサービス・アプリの利用実態調査」によると、マッチングサービス・アプリの認知度は27.0%で、利用経験者は57.1%となっています。

緊急事態宣言が発令された時期に、マッチングサービス・アプリを初めて利用した人は、男性は「新しい出会いが欲しい/欲しかったから」が45.0%、次に「誰かと話したかったから」が26.7%、「1人でいるのが寂しかったから」が25.0%です。

女性は「新しい出会いが欲しい/欲しかったから」が55.7%、次に「将来のことを考え始めたから」が35.7%、「誰かと話したかったから」と「一人でいるのが寂しかったから」が18.6%となっています。

ちなみに、緊急事態宣言発令後、マッチングサービス・アプリで出会った人とオンラインデート、もしくは実際に会ってデートをしたことがあるのは、男性が63.3%で女性は57.1%となっています。

実際にデートをした人のその後は、男女ともに「それ以降はなにもない」という回答が最多で、「現在も付き合っている」は男性が25.6%、女性が25.7%となっています。

約半数がマッチングサービス・アプリでの出会いでトラブル経験

自然な出会いであれ、マッチングサービス・アプリであれ、交際に至る割合にはそれほどの差はないようですが、注意すべきは、マッチングサービス・アプリの出会いには、トラブルも多いということです。

マッチングサービス・アプリでのトラブル経験者は男性44.9%で、女性は42.8%ですから、半数近くが何らかのトラブルに遭遇しているという現実を、見過ごすことはできません。

トラブルの内容は、男性でもっとも多かったのは「顔の見た目(写真)の詐称」が43.2%、次いで「すっぽかし/ドタキャン」が30.5%、「体形の詐称」が27.1%です。

女性の最多も「顔の見た目(写真)の詐称」(36.4%)ですが、「恋活/婚活ではなく性行為を目的としていた」も同数で並び、次いで「すっぽかし/ドタキャン」が31.8%、「ネットビジネスの勧誘や宗教への勧誘」が14.3%となっています。

それにしても、自然な出会いの機会がますます少なくなりそうなアフターコロナ、withコロナでは、男女の出会いはどのようになっていくのでしょうか。

まとめ

時代とともに、出会いのカタチも変化していくのでしょうが、やはり、多くの人は「自然に出会う」ことを望んでいるようです。であるならば、電車に乗っているときにも、歩いているときにもスマホ画面に見入るのではなく、周囲を見渡してみてはいかがでしょうか。思いもかけぬ出会いに遭遇する可能性もあるかもしれません。