コミケ:令和はどうなる? 変わらぬアナログの魅力 共同代表に聞く

コミケ:令和はどうなる? 変わらぬアナログの魅力 共同代表に聞く

 8月9日に東京ビッグサイト(東京都江東区)ほかで開幕した日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)96」は初めてづくしとなった。入場有料化、企業ブースが1.5キロ離れた青海展示棟に移動して初の2地区での開催、1日多い4日間開催……とこれまでにない転換期を迎えた。昭和に始まったコミケは平成から令和を迎え、どう変化していくのだろうか……。コミックマーケット準備会の市川孝一共同代表に聞いた。

 ◇五輪以降のコミケは…

 コミケは、1975年に始まったマンガや小説、ゲーム、音楽などの同人誌の即売会で、現在は夏と冬の年2回開催されている。2020年夏の東京五輪に向けた工事のため、東京ビッグサイトの東展示棟が使えず、南展示棟が新設されたものの、一日ごとに配置できるサークルスペースが従来の約75%になった。今回のコミケは4日間の開催によって、より多くのサークルを受け入れられる体制にした。12月28〜31日のコミケ97、2020年5月2〜5日のコミケ98も4日間にわたって東京ビッグサイトと青海展示棟で開催される。

 2020年冬のコミケ99からは、東京ビッグサイトの東展示棟が再び使えるようになる予定で、2021年夏には記念すべきコミケ100を迎える。市川共同代表は今後の運営について「コミケ99からは、東、西、南の全16ホール体制になり、広くなる。別のイベントと合同で開催するなどできることも増えるので、さまざまな検討をしている。コミケ100はメモリアルだから期待されている。面白いことができれば……という思いもあるが、いつも通りもいいとも思う」と明言を避ける。

 ◇ファンの交流の場 世界に広がる魅力

 スマートフォンでマンガを読むことが一般的になっている中、コミケで扱われているものの多くは紙の同人誌だ。作家が直接、同人誌を売り、作家とファンの交流の場になっている。市川共同代表は、このアナログさがコミケの魅力だと感じているという。

 「売っている作家は参加者に会うことで力をもらえるし、参加者が、自分も描いてみたい!とサークルになることもある。そうやって若い参加者、サークルも増えています。年齢を重ねれば、同窓会のようになったりもします。ネット通販で買い物をして、電子書籍を読み、仕事はテレワーク……と家から出ずにいろいろなことができるようになっている中、コミケは交流の場でもあるんです」

 社会のデジタル化がさらに進んでも、リアルな人の交流がなくなるわけではない。リアルな交流は、SNSなどにはない喜びもある。市川共同代表が「米国、ドイツ、ブラジル……と同人誌即売会は世界にも広がっています」と話すように、その魅力、文化は国境を超えて伝わっている。時代が変わろうが、コミケならではの魅力が色あせることはなさそうだ。


関連記事

MANTANWEBの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索