東京ゲームショウ2019:前年比3万6000人減の26万2076人が来場 入場料値上げも影響?

東京ゲームショウ2019:前年比3万6000人減の26万2076人が来場 入場料値上げも影響?

 国内最大のゲーム展示会「東京ゲームショウ2019」が9月15日に最終日を迎え、12日から4日間で 26万2076人が来場した。過去最多だった2018年の29万8690人から約3万6000人ほど減少した。

 ビジネスデーの初日(12日)は3万3465人、2日目(13日)は3万4977人、一般公開の初日となる3日目(14日)は9万1301人、4日目(15日)は10万2333人。過去最多だった2018年はそれぞれ、3万1961人、3万6356人、10万7310人、12万3063人で、ビジネスデーは大差なかったものの、一般公開日の減少が目立った。

 なお、今年から入場券は一般(中学生以上)2000円と昨年までの1200円から800円値上げされている。

 東京ゲームショウは、毎秋開催される世界的なゲーム展示会で、今年は家庭用ゲームやスマホゲーム、eスポーツ関連企業が国内外から650社以上が出展、1300タイトル以上が展示された。次回は、来年の9月24日から27日まで幕張メッセで開催する予定。


関連記事

MANTANWEBの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索