歴史上の人物に扮(ふん)するねこが登場する歴史コメディー「ねこねこ日本史」の劇場版アニメ「映画 ねこねこ日本史 〜龍馬のはちゃめちゃタイムトラベルぜよ!〜」(河村友宏監督、2月22日公開)の坂本龍馬が2月14日のバレンタインデーに、MANTANWEB編集部を訪問した。龍馬は、バレンタインということで、キャラクターが描かれた特製クッキーやお菓子を編集部にプレゼント。カメラを向けると刀を抜いてポーズを決めたり、編集部員に握手を求めたりと、龍馬らしく友好的な雰囲気で劇場版アニメをアピールした。

 劇場版の入場者特典として、すごろく仕様のクリアファイル「すごろく付きA4クリアファイル」が配布されることも同日、発表された。クリアファイルは、表面にメインキャラクターのフクちゃん、坂本龍馬、カラス型タイムマシーンのヤッちゃんが描かれ、裏面がすごろく仕様になっている。公開日の2月22日から配布開始。

 「ねこねこ日本史」は、「COMICリュエル」(実業之日本社)で配信中のそにしけんじさんの人気マンガ。テレビアニメが2016年4月からNHK・Eテレで放送中。ねこが歴史上の人物に扮(ふん)し、人物にまつわるエピソードを1話完結のショートアニメとして描いている。

 劇場版では、小学生ねこのフクちゃんが、ひょんなことからカラス型タイムマシンのヤッちゃんに乗り込んで、さまざまな時代の日本にタイムトラベルすることになる。そこで出会った坂本龍馬と共に冒険を繰り広げる。