マンガ「BLEACH」などの久保帯人さんの新作「BURN THE WITCH」が、マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で今夏、連載がスタートすることが3月21日、明らかになった。2016年8月の「BLEACH」終了以来、約4年ぶりの久保さんの新連載となる。「BURN THE WITCH」は同誌の創刊50周年を記念して2018年に読み切りとして発表された作品で、今回連載されることになった。同作の中編劇場版アニメが製作され、今秋に公開されることも発表された。

 アニメは「PSYCHO-PASS サイコパス 2」「甲鉄城のカバネリ」などに参加してきた川野達朗さんが監督を務め、「ペンギンハイウェイ」などのスタジオコロリドの若手スタッフによる新チームのteamヤマヒツヂ/スタジオコロリドが制作する。若き2人の魔女の奮闘を描く作品で、田野アサミさんがニニー・スパンコール、山田唯菜さんが新橋のえるの声優を務める。

 同作は、ロンドンを舞台に、2人の魔女が異形の存在であるドラゴンを相手に縦横無尽に躍動するファンタジーアクション。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:川野達朗▽副監督:清水勇司▽脚本:涼村千夏▽キャラクターデザイン:山田奈月▽ドラゴンデザイン:大倉啓右▽背景美術:スタジオコロリド美術部▽美術監督:稲葉邦彦▽色彩設計:田中美穂▽CGI監督:さいとうつかさ▽撮影監督:東郷香澄▽音楽:井内啓二▽音響監督:三好慶一郎

 ◇キャスト(敬称略)

 ニニー・スパンコール:田野アサミ▽新橋のえる:山田唯菜