池田貴史さんのソロユニット「レキシ」が、人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の28作目となる劇場版最新作「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」(京極尚彦監督、4月24日公開)でアニメ声優に初挑戦することが3月22日、分かった。レキシは、ラクガキングダムの食料大臣(弟)を演じる。レキシは同作の主題歌「ギガアイシテル」も担当しており、劇中に自身が描いた“期待を裏切らない”ラクガキが登場することも発表された。

 レキシは「声優初挑戦ということで、難しかったですけれども、京極監督にご指導いただきながら楽しくやらせていただきました!」とコメント。また、自身が描いたラクガキについて「大好きなハニワを描かせていただきました。自分も作品に参加できたようで、うれしかったです」と語っている。レキシのラクガキを見たしんのすけは「さっすが〜レキシさんはラクガキでも期待を裏切らないですな〜! あたまのアフロもイカしてるゾ〜!」とコメントを寄せている。

 最新作は、地上のラクガキをエネルギーに浮かぶ王国ラクガキングダムが登場。地上でのラクガキが減り、崩壊の危機に直面していた王国は、命運を懸けて無理やり人間にラクガキをさせる作戦「ウキウキカキカキ作戦」を決行。地上が大混乱の中、ミラクルクレヨンを授けられ勇者となったしんのすけが、世界の平和のためにラクガキたちと力を合わせて戦う姿を描く。

 アニメ「ラブライブ!」「宝石の国」などの京極さんが監督を務め、映画「婚前特急」「そこのみにて光輝く」などの高田亮さんが脚本を担当する。