「Re:ゼロから始める異世界生活」の長月達平さん、「魔法少女リリカルなのは」の藤真拓哉さん、「ガールズ&パンツァー」の鈴木貴昭さんが手がけるオリジナルアニメ「戦翼のシグルドリーヴァ」が、テレビアニメとして7月から放送されることが3月22日、分かった。

 アニメは、戦翼をまとった戦乙女が、生命の脅威・ピラーと戦う姿を描く。日本では、3人の戦乙女が霊峰富士にそびえる巨大なピラーと対峙(たいじ)。3人はいずれも腕は確かだが、問題児ばかりで、そこに欧州から訳ありのエースパイロットがやって来る。クラウディア・ブラフォード、六車・宮古、駒込・アズズ、渡来・園香という4人のキャラクター、それぞれの機体のビジュアルも公開された。

 長月さんが手がけるノベライズ「戦翼のシグルドリーヴァ Rusalka」上巻が5月1日に発売されることも発表された。