「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんのマンガが原作のアニメ「鬼滅の刃(きめつのやいば)」のスマートフォン用ゲーム「鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル」と、PS4用ゲーム「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」のプロモーション映像が3月22日、YouTubeなどで公開された。

 「鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル」(2020年配信)は、プレーヤーが鬼殺隊と鬼の陣営に分かれて戦う“非対称対戦型サバイバルアクション”。作中の世界観を再現したマップ上で、キャラクターたちがスキルや技を駆使して戦う。

 「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」(2021年発売)は、サイバーコネクトツーが開発を担当。主人公・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)が動き回る映像が公開された。炭治郎が、鬼にされてしまった妹の禰豆子(ねずこ)を人に戻すために戦う“鬼殺対戦アクション”になるという。

 「鬼滅の刃」は、家族を鬼に殺された竈門炭治郎が、凶暴な鬼に変異した妹を元に戻し、家族を殺した鬼を討つために旅立つ……というストーリー。2016年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載が始まった。電子版を含むコミックスのシリーズ累計発行部数が4000万部を突破するなど大ヒット。テレビアニメが2019年4〜9月に放送された。劇場版アニメ「無限列車編」が2020年に公開される。