アニメ化もされたライトノベル「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」シリーズの最終巻「ヴァイオレット・エヴァーガーデン エバー・アフター」(KAエスマ文庫)が、3月27日に発売された。

 最終巻は、ヴァイオレットとギルベルトが再会し、新しい関係をゆっくり育むが、多忙な2人は会うことすらままならず、すれ違う日々が続く。C・H郵便社も変革の時を迎え、ヴァイオレットを取り囲む世界が大きく変わろうとする中、ヴァイオレットは“夢追い人”の街・アルフィーネを訪れる。

 同作は、「第5回京都アニメーション大賞」の大賞を受賞した暁佳奈さんのライトノベル。テレビアニメが2018年1〜4月に放送された。劇場版アニメ「劇場版 ヴァイオレット・エヴァ−ガーデン」が4月24日に公開される。