「さよなら絶望先生」「かってに改蔵」などで知られる久米田康治さんのマンガが原作のテレビアニメ「かくしごと」に声優として大槻ケンヂさんが出演することが5月5日、分かった。

 大槻さんは「大槻ケンヂと絶望少女達」名義でテレビアニメ「さよなら絶望先生」の主題歌も担当したことがあり、「かくしごと」ともコラボして「大槻ケンヂとめぐろ川たんていじむしょ/大槻ケンヂと絶望少女達」名義で「愛がゆえゆえ/あれから(絶望少女達2020)」を発表したことも話題になっている。大槻さんが演じるキャラクターは、5月7日に放送される第6話「スクールランドセル」に登場。キャラクターの詳細は明かされていない。

 「かくしごと」は、2015年12月にマンガ誌「月刊少年マガジン」(講談社)で連載がスタート。ちょっと下品なマンガを描いているマンガ家の後藤可久士が、一人娘の姫にマンガ家であることがバレないようにしながら過ごす日常を描いている。TOKYO MX、サンテレビほかで放送中。