住野よるさんの小説「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」などのイラストを担当したイラストレーターのloundraw(ラウンドロー)さんが手がけるメディアミックスプロジェクト「PROJECT COMMON」が始動し、劇場版短編アニメを制作することが6月26日、分かった。プロジェクトの詳細は、今後発表される。

 loundrawさんは、10代でイラストレーターとしてデビュー。佐野徹夜さんの小説「君が月夜に光り輝く」、東野圭吾さんの「恋のゴンドラ」などのイラストを手がけた。2017年9月には自身初の個展「夜明けより前の君へ」を開催。2018年7月にはオリジナルアニメ「夢が覚めるまで」で監督、脚本、演出など制作の全てを手がけた。2019年1月にアニメーションスタジオ「FLAT STUDIO」を設立した。

 「PROJECT COMMON」は、「真実のloundrawを表現する」がテーマ。loundrawさんは「どんな時でも変わらない、確固たる自分を見つけたい。このプロジェクトは、僕と皆さんで本当の“loundraw”を探し出す挑戦です。楽しみにしていてください」とコメントを寄せた。

 FLAT STUDIOにイラストレーターのれおえんさん、Merrill Macnautさん、映像クリエーターの涌元トモタカさん、asano66さん、banishmentさん、佐野さんが設立した物語創作チーム「兀兀」が参加することも発表された。