スーパー戦隊シリーズ「魔進(マシン)戦隊キラメイジャー」(テレビ朝日系、日曜午前9時半)で6月28日に放送されるエピソード12「ワンダードリルの快男児」に、新たな戦士・キラメイシルバー/クリスタリア宝路(庄司浩平さん)が登場する。キラメイジャー初の追加戦士で、名前にはキラメイジャーのパワーの源・キラメイストーンの生まれた国で、キラメイジャーの敵であるヨドン軍に侵略された国「クリスタリア」が入っていることなど物語に大きな影響を与えるであろう人物の登場とあって、放送前から話題を呼んでいる。ここでは、改めて放送前にすでに明らかになっている情報などから、キラメイシルバー(クリスタリア宝路)について考察したい。

 ◇

 クリスタリア宝路は、5月24日放送の特別編「1・2話未公開カット蔵出し いまいちどスタートダッシュSP」に一瞬だが本編で初めて姿を現した。明かされている情報としては、パワーあふれる攻撃を繰り出す戦士で、陽気で豪快な性格。直感で動くタイプのパワフルなキャラクターだという。スーパー戦隊シリーズといえば、パワー系のキャラクターがチームに一人はいることが常だが、キラメイジャーの現戦士の中には、パワーが自慢のキャラクターはいなかった(キラメイピンクは合気道を駆使し、敵を投げ飛ばすが……)。キラメイシルバーは、歴代戦隊ヒーローのパワータイプの系譜を受け継いだキャラクターだといえる。これまでキラメイ戦士たちは、ガルザなど強敵との戦いでは、苦戦するシーンも多くみられたが、新たな仲間(?)の登場で、戦況は変わるのだろうか。

 また、「ワンダーキュート!」「ワンダーサンキュー!」など、「ワンダー」を付ける口癖があるのが特徴だ。次回予告では早速「地球の平和のためにワンダー極まりない力と技を見せつける男」という口上シーンが披露された。また、キラメイピンク/大治小夜(工藤美桜さん)に「ワンダーデートしようぜ」と話すシーンも流れ、ツイッターでは「ワンダーデートとかいうパワーワード」「ワンダーデートとは(笑い)。キャラ濃いんだろうなー」などというコメントで盛り上がりをみせた。スーパー戦隊シリーズの前作「騎士竜戦隊リュウソウジャー」で登場した追加戦士・リュウソウゴールド/カナロ(兵頭功海さん)は、婚活のために女性をナンパするというキャラクターだったが、それにひも付けて「クリスタリア宝路もカナロみたいに婚活してそう」「ナンパ被(かぶ)りするクリスタリア宝路とカナロくんが見れますかね」というコメントもみられた。

 気になるのは先週放送されたエピソード11の最後。キラメイジャーの基地内にいる亡国・クリスタリアの姫、マブシーナが口にした「あの人の予感がする…」というセリフ。そのままに受け取れば、それはクリスタリア宝路のことを指しているのは明らかだが、マブシーナは何か物憂げな様子をみせていた。名前に入っていることから、クリスタリア宝路がクリスタリアの関係者であることは間違いなさそうだが、マブシーナと何か因縁があるのだろうか。キラメイジャーに協力する地球防衛組織CARAT(カラット)の設立者で、クリスタリアの関係者でもある博多南無鈴(古坂大魔王さん)、マブシーナの叔父で、クリスタリアを滅ぼしたガルザとの関係にも注目したい。

 ◇

 エピソード12は、クリスタリア宝路と小夜の出会いを中心に物語が進行する。山岳救助隊からの応援要請で山に向かった小夜は、任務を終え下山する途中で遭難。メンテナンス中のキラメイチェンジャーを置いてきたため、相棒の魔進ヘリコを呼ぶこともできない。山の中で途方に暮れていた小夜は、お宝を求めて冒険中だという男・クリスタリア宝路に出会う。その中、天文台を襲うインセキ邪面が出現。キラメイジャーは小夜がいないまま4人で応戦するが、上空からの謎の展開に苦戦する……。

 4月29日の初出情報から、約2カ月。新型コロナウイルス感染拡大の影響で狭まれた特別編を経て、ついにキラメイシルバーが登場する。キラメイジャーの頼れる仲間となるのか、小夜とのロマンスが描かれるのか……。キラキラとまぶしい銀色の戦士に興味が尽きない。日曜日をワンダー楽しみに待とう。