6月29日に発表された27、28日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、26日から全国374の劇場で再上映が始まったスタジオジブリの劇場版アニメ「千と千尋の神隠し」(宮崎駿監督、2001年)が首位を獲得した。同じく再上映されている宮崎監督の「もののけ姫」(1997年)が2位、「風の谷のナウシカ」(1984年)が3位にランクインし、トップ3をスタジオジブリの名作が独占した。

 スタジオジブリ作品の再上映は、「一生に一度は、映画館でジブリを」のコンセプトのもと実施。「風の谷のナウシカ」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」「ゲド戦記」(宮崎吾朗監督、2006年)の4作品が上映されている。今回のランキングでは、「ゲド戦記」も9位にランクインしている。

 初登場作品では、俳優のシルベスター・スタローンさん主演の「ランボー」シリーズの最新作「ランボー ラスト・ブラッド」(エイドリアン・グランバーグ監督)が4位にランクイン。セガの人気ゲームシリーズ「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の人気キャラ・ソニックを実写化した「ソニック・ザ・ムービー」(ジェフ・ファウラー監督)が6位スタートを切った。

 1位 千と千尋の神隠し
 2位 もののけ姫
 3位 風の谷のナウシカ
 4位 ランボー ラスト・ブラッド
 5位 ドクター・ドリトル
 6位 ソニック・ザ・ムービー
 7位 ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
 8位 水曜日が消えた
 9位 ゲド戦記
 10位 心霊喫茶「エクストラ」の秘密 The Real Exorcist