「週刊少年マガジン」(講談社)で連載中のマンガが原作のテレビアニメ「炎炎ノ消防隊(えんえんのしょうぼうたい)」の続編「弐ノ章」とプロ野球・千葉ロッテマリーンズ、千葉県内消防団のコラボイベントが開催されることが分かった。8月15日にZOZOマリンスタジアム(千葉市美浜区)で開催される千葉ロッテ、北海道日本ハム戦で千葉ロッテの“火消し役”である益田直也投手とアーサー・ボイル役の声優の小林裕介さんの一日消防団員任命式が行われるほか、小林さんがスターティングメンバーアナウンスを担当する。

 球場外では「炎炎ノ消防隊」で特殊消防隊が乗車するマッチボックスと千葉市消防団の消防車が特別展示される、。マリーンズストアミュージアム店とオンラインストアでコラボグッズも販売される。同作は、プロ野球パ・リーグ6球団とコラボすることが発表されている。

 「炎炎ノ消防隊」はテレビアニメ化された「ソウルイーター」などで知られる大久保篤さんの人気マンガで、2015年から同誌で連載中。人が突然燃え出して炎の怪物となる人体発火現象が起こる中、炎の恐怖と謎に立ち向かう特殊消防隊の活躍を描いている。テレビアニメ第1期が2019年7〜12月に放送された。「弐ノ章」がMBS、TBSほかで放送中。