Faber Companyの「MIERUCA」、AIがWeb記事の改善点を提案する機能をリリース

Faber Companyの「MIERUCA」、AIがWeb記事の改善点を提案する機能をリリース

 Faber CompanyのWebマーケティングツール「MIERUCA(ミエルカ)」に、「AIで改善」機能が追加された。同機能では、人工知能がWeb記事の改善点を提案してくれる。

 Faber Companyは8月1日、同社開発のWebマーケティングツール「MIERUCA(ミエルカ)」に、人工知能(AI)がWeb記事の改善点を提案する「AIで改善」機能を追加した。

 同機能は、サイト内の各ページに対する流入キーワードの中から、検索ユーザーがより知りたいであろう「特徴的なトピック」をAIが推定し、自動で提案。その提案に従って記事のタイトル、本文、構成を改善した後の「流入・CV数」までワンクリックで予測できるため、サイト運営における意思決定が容易になり、ページ改善の時短・コストダウンが実現できる。

 同機能は2017年11月からMIERUCAを導入したビズリーチの人事担当者向け専門メディア「BizHint HR」に先行して実装された。そして「リファラル採用」に関するページで、同ツールのAIが提案した改善を実施した結果、検索順位が5位から1位(2017年7月現在)になり、セッション数が250%改善した。

MarkeZine編集部[著]

MarkeZineの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術のニュースランキング

ランキングの続きを見る

仕事術の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索