社内外のビッグデータを地図上で可視化!NECネッツエスアイ、地理情報統合表示ソフトウェアの販売を開始

社内外のビッグデータを地図上で可視化!NECネッツエスアイ、地理情報統合表示ソフトウェアの販売を開始

 NECネッツエスアイは、地理情報統合表示ソフトウェア「Ubisense myWorld」の販売を開始する。なお、同社は「Ubisense myWorld」の販売において、ユビセンス・ジャパンと販売代理店契約を締結した。

 「Ubisense myWorld」は、社内外に存在する様々なデータを地図上に統合・表示するソフトウェアだ。Webおよびモバイル環境から利用することができる。

 「Ubisense myWorld」を利用し地図上で様々な情報を連携させ可視化することで、気象情報・交通情報などのビッグデータや、装置・設備からのセンサー情報などとのIoT連携が可能に。統計・マーケティングなどへ新たな付加価値が生み出される。

 今後同社は、昨今設備状況の可視化や現場作業の効率化、災害時の迅速対応などが経営課題となっている通信事業者やガス、電気、上下水道、CATV事業者などへの拡販を図り、3年間の関連売上累計15億円を目指す。

MarkeZine編集部[著]


MarkeZineの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索