ウネリーとアドウェイズが業務提携 ビーコン情報を活用したアプリサービスを提供

ウネリーとアドウェイズが業務提携 ビーコン情報を活用したアプリサービスを提供

 オフライン行動のデータプラットフォーム「Beacon Bank」を運営するウネリーは、アフィリエイトサービスを行っているアドウェイズと資本業務提携を締結した。

 ウネリーの「Beacon Bank」には、約56万個(2018年3月現在)のビーコンが登録されており、アプリ事業者は自社拠点以外のスポットでユーザーとの接点を持つことができる。また、接点となる場所ごとに最適なコンテンツ等の配信を行うことも可能。

 アドウェイズは、国内最大級のアフィリエイトサービス「Smart-C」を始めとした各種スマートフォンアプリ向けの「広告配信サービス」や、全世界対応のスマートフォンアプリ向け効果測定システム「PartyTrack」などを行っている。

 今回の提携により、オフライン行動データの広告への活用検討を進め、位置情報やオフライン行動データを活用した新たなサービスの提供や、広告運営・効果測定などのスマートフォンアプリ向けサービスの発展に取り組んでいく。

MarkeZine編集部[著]

MarkeZineの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索