Supershipのアドジェネ、アプリにおける全画面インタースティシャル広告のメディエーションに対応

Supershipのアドジェネ、アプリにおける全画面インタースティシャル広告のメディエーションに対応

 Supershipは7月12日、媒体社向け広告配信プラットフォーム「Ad Generation(アドジェネ)」において、アプリ内で配信される全画面インタースティシャル広告のメディエーションへの対応を開始した。

 全画面インタースティシャル広告とは、スマートフォンアプリにおいて全画面で展開される広告のことで、全画面で動画や静止画のクリエイティブが展開されるため、通常のインタースティシャル広告に比べて、より高い訴求効果と収益性が期待できる。動画は再生中にスキップしてアプリに戻ることができるため、UXを損なわない広告配信が可能だ。

 また、動画リワード広告とは違い、動画視聴によるポイントやアイテムなどのインセンティブ付与が不要なため、インセンティブ設定が困難だった非ゲームアプリなど幅広いジャンルでのマネタイズを実現することができる。

 今回対応が開始となった「Ad Generation」の全画面インタースティシャル広告では、DSPによるRTB広告配信や、「AppLovin」「maio」「Unity Ads」といったパートナーアドネットワークの広告配信が可能になった。そのほか、カスタムメディエーション機能を活用することで、Googleの「AdMob」やFacebookの「Facebook Audience Network」で広告配信を行える。

MarkeZine編集部[著]


MarkeZineの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索