1st×3rdパーティデータで最適な広告配信を実現!NEC、オラクルのクラウド型DMPを導入

 日本電気(以下、NEC)は、サード・パーティ・データを活用した広告キャンペーンを実施する目的で、日本オラクルのクラウド型DMP「Oracle BlueKai」を導入した。

 NECは、2016年7月に日本オラクルのMA「Oracle Eloqua」を導入。ターゲット属性やエンゲージメントをスコアリング機能で分析し、顧客に合わせたメール配信を行ってきた。また、国内のみならず海外でのブランディング向上に向けた施策として、メディアを活用した広告配信も実施している。

 NECは今回、よりターゲットに最適化された広告配信を実施するため、海外でも豊富なサード・パーティ・データを提供する「Oracle Data Cloud」と、同社のファースト・パーティ・データを組み合わせて最適な広告配信が実現できるDMPとして「Oracle BlueKai」の採用を決定した。

 現在稼働している「Oracle Eloqua」との連携に開発の必要がないため、マーケティング担当者は、セグメント別にターゲットした顧客への広告配信と、分析などを一元的に行うことができる。また「Oracle Data Cloud」は、50億を超えるサード・パーティ・データを保持しているため、日本および海外市場において、最適なオーディエンスのターゲティングが可能となる。

 NECは今後、米国・アジアを中心とした海外市場向けにブランド認知向上による新規案件獲得を加速させ、顧客とのエンゲージメント強化を推進していく。

MarkeZine編集部[著]


MarkeZineの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索