よく利用するCtoC、10〜30代は「メルカリ」40〜60代は「ヤフオク!」【ジャストシステム調べ】

よく利用するCtoC、10〜30代は「メルカリ」40〜60代は「ヤフオク!」【ジャストシステム調べ】

 ジャストシステムは、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用し、17〜69歳の男女1,100名を対象とした「Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年3月度)」を実施した。



●10〜30代が利用するCtoCサービスは「メルカリ」、40〜60代は「ヤフオク!」

 現在、最も利用されているCtoC(個人間商取引)サービスを年代別に調べたところ、10〜30代は「メルカリ」(10代:48.3%、20代:62.8%、30代:51.9%)、40〜60代は「ヤフオク!」(40代:52.6%、50代:48.1%、60代:68.8%)という結果に。

 また、物品の販売に利用したことがあるCtoCサービスに限ってみた場合でも、10〜30代は「メルカリ」を挙げた人が最も多く(10代:73.6%、20代:69.6%、30代:66.7%)、40〜60代は「ヤフオク!」が多いことがわかった(40代:66.1%、50代:77.8%、60代:63.8%)。

※複数回答あり。



●若年層で「化粧品やファッション系サブスクEC」の利用率が増加

 ECの利用経験がある人のうち、月々に一定額を支払うことで、特定の商品や店舗側でセレクトした商品が届く「サブスクリプション(定期購入)型EC」を「利用したことがある」人は38.8%で、2018年3月度調査(31.3%)から、利用率が増加した。

 「化粧品やファッションアイテムのサブスクリプション型EC」の利用率に限って見てみると、10代は16.3%(2018年3月度調査)から21.2%(本調査)、20代は18.6%(2018年3月度調査)から20.9%(本調査)と、若年層の利用が増加していることがわかった。



●約2割が「スマホアプリ」でハイブランド商品を購入

 「CHANEL」「ROLEX」といったファッション関連のハイブランド商品を購入した経験がある人に、その購入方法を聞いたところ、「リアル店舗」が最も多く(55.2%)、次いで「パソコンのインターネット」(29.0%)、「スマートフォンのアプリ」(21.8%)、「スマートフォンのインターネット」(21.5%)、「カタログ通販」(12.8%)だった。

※新品、中古品を問わず、ハイブランド商品を購入した経験がある人が対象。
※ 複数回答あり。



●「UNIQLOアプリ」を最も利用しているのは、50代

 スマホアプリからECを利用する人のうち、「UNIQLOアプリ」を利用している人は26.2%だった。年代別の利用率は、10代(27.8%)、20代(24.6%)、30代(22.4%)、40代(26.2%)、50代(35.6%)、60代(21.2%)という結果に。全世代において2割以上、特に50代は3割強が利用していることがわかった。

【調査概要】
調査期間:2019年3月19日(火)〜3月25日(月)
調査対象:Fastaskのモニタのうち、17〜69歳の男女1,100名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ「Fastask」でのアンケート調査

MarkeZine編集部[著]


MarkeZineの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索