Sprocket、「Amazon Pay」をWeb接客の形で実装できる新機能を提供開始

Sprocket、「Amazon Pay」をWeb接客の形で実装できる新機能を提供開始

 Sprocketは、統合Web接客プラットフォーム「Sprocket(スプロケット)」に、ID決済サービス「Amazon Pay」をWeb接客の形で簡単に実装できる機能を新たに搭載。提供を開始した。

 「Amazon Pay」は、Amazon以外のサイトでもAmazonアカウントを使ってログインし、支払いができるID決済サービス。ユーザーは、クレジットカード情報や配送先情報を入力する手間なく、最短2クリックで商品購入と会員登録まで行えるため、導入したECサイトの購入率や会員登録率UPが期待できる。

 今回の新機能により、「Sprocket」の管理画面から設定すれば、Web接客型による「Amazon Pay」の利用案内を、ECサイト上の適切な場所に、適切なタイミングで表示することが可能になる。どの場所に表示された「Amazon Pay」の利用案内から、どれくらい購入に至ったのかを計測することも可能だ。

SprocketによるWeb接客型Amazon Payイメージデモ画面(モバイル)

MarkeZine編集部[著]


MarkeZineの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索