LINE、デジタル販促のコア機能をオープン化しAPIとして提供開始 パートナー制度も新設

LINE、デジタル販促のコア機能をオープン化しAPIとして提供開始 パートナー制度も新設

 LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE」を活用したデジタル販促ソリューションのコア機能をオープン化し、新たに「Sales Promotion API」として提供を開始するとともに、同領域における「Technology Partner」制度を新設した。

 同社では2017年より、店頭オペレーションの軽減や店頭POPの削減、キャンペーン参加の促進、購買行動の把握といった店頭販促における課題を「LINE」の活用により解決することを目的に、店頭販促に特化したソリューション「LINE Sales Promotion」を提供している。「LINE Sales Promotion」では、個社個別のカスタマイズ型ではなく、店頭販促に求められるソリューションを汎用パッケージ化することで、シンプルな価格・仕様での提供を実現してきた。

 一方で、店頭販促領域においてはインセンティブ管理や応募管理、購買証明など、複雑な企画・機能を求められることが多く、汎用パッケージではそれらに対する拡張性が低いという課題があった。そのため同社では、「LINE」を活用することによるキャンペーンの独自性や利便性はそのままに、より拡張性の高いデジタル販促を可能にするため、「LINE Sales Promotion」で提供するデジタル販促ソリューションのコア機能を、新たに「Sales Promotion API」として提供を開始した。

 また同サービスの提供開始にともない、販促領域における技術支援を行うパートナー企業に向け「Technology Partner」制度を新設。認定を受けたパートナー企業は「Sales Promotion API」を利用することで、「LINE」を活用した独自のキャンペーンを開発・販売することが可能になる。なお、販促領域における「Technology Partner」への認定には、「Accelerator Program」への申し込み、および企画審査、トライアル評価が必要となり、初回の「Technology Partner」認定は2020年2月を予定している。

MarkeZine編集部[著]


MarkeZineの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る