Amobee、LiveRampと提携 ターゲティング広告と効果測定を強化

Amobee、LiveRampと提携 ターゲティング広告と効果測定を強化

 グローバルにデジタル広告ソリューションを提供しているAmobee(アモビー)は、LiveRampとのパートナーシップ拡大を発表した。

 Amobeeは、デバイスをまたいだオーディエンス軸での広告配信を強みとしている。広告主はソーシャル、コネクテッドTV(CTV)やオンライン動画などチャネルの垣根を越えた上で、各オーディエンスに対して適切な接触頻度でリーチすることができる。

 一方LiveRampは、データ活用のプラットフォーマー。LiveRampの提供する「IdentityLink」により、Amobeeの提供する広告ソリューションのターゲティング機能が強化される。具体的には、LiveRampのブランドデータやサードパーティーの情報がAmobeeの提供する「オーディエンスセグメントビルダー」に取り込まれることにより、大規模でかつROIの高いセグメンテーションが可能になる。

MarkeZine編集部[著]


MarkeZineの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る