屋号の「輪」は、縁という意味だけでなく、能登の輪島市からの由来もある。 実はこの店、石川県の能登にルーツを持つ調味料や食材を多数取りそろえ、一品料理を食せるお店にするという。 ラーメン店なのに、能登輪島の純米酒「おれの酒」(650円)まである。こだわりの強さがここからも感じられるはずだ。

osaka_messi_title_00_1601571852

人との繋がりから生まれた深江橋にある麺匠「輪」。鶏白湯ラーメンだけでなく、能登産の日本酒や魚介類などの食事も可能

mato_osaka_096_image16_1601571992
「天六で2年お店をしてて、今のお店に移転したのが7月26日。移って今で約3ヵ月です。こちらに移ったのも人の繋がりのご縁から。人の縁が輪となって今があると思ったので輪という屋号にしたんです」

こう教えてくれたのは、麺匠「輪」の店主の中野茂美さん。

屋号の「輪」は、縁という意味だけでなく、能登の輪島市からの由来もある。

実はこの店、石川県の能登にルーツを持つ調味料や食材を多数取りそろえ、今後はラーメンだけにこだわらず、一品料理を食せるお店にするという。

ラーメン店なのに、能登輪島の純米酒「おれの酒」(650円)まである。

こだわりの強さがここからも感じられるはずだ。

mato_osaka_096_image17_1601571953
今回は、ラーメンを食す前に輪島の朝市直送の「いかの丸干」(キモ入り・300円)や「ふぐの卵巣麹漬け」(450円)、「あかにし貝燻製」(350円)、「ワカメ」(150円)をアテに日本酒で乾杯。


mato_osaka_096_image18_1601572059 写真は3人前


これが旨いなんてもんじゃない。

どれも風味があって、塩分高め。

酒好きの肴には絶好のヤツ!

しかも、追加で「いかの塩辛麹漬け」(350円)も……。

mato_osaka_096_image19_1601572122
噂で聞いていた通り、ラーメン屋で枠に収まらないお店で、特に能登愛がスゴイ!

「こんな調味料も置いてます」と出されたのがこちら。

mato_osaka_096_image20_1601572156
金箔入りの七味と一味なんて贅沢にもほどがあるで〜!

こうなると店主のこだわりは収まらない。

奥能登の塩サイダーを用いた「塩サイダー割りハイボール」(400円)を持ってきた。

mato_osaka_096_image21_1601572187
しおサイダーはまあまあな値段のする飲料水。

これをこの値段で出すなんて少々やりすぎ。

やはり、愛に溢れているのだ。

こうして能登の一品モノを食して、箸休め……とはならん!

ラーメン屋らしい一品料理もある。

ハイボールにはピッタリの「豚バラチャーシュー厚切りステーキ」(350円)がソレだ。

mato_osaka_096_image22_1601572235
この厚みよ! 

本来ならラーメンに添えるチャーシューを鉄板でじゅうじゅう焼いて香ばしさをプラス。

ええ感じやないの。次から次へと胃袋に。


そしてお待ちかね!

〆のラーメンだ。

白湯が有名だが、この日はもう一つの清湯を注文。

味付けは塩と醤油があって、今回は塩に。

mato_osaka_096_image23_1601572286
満腹だったので小さいサイズで注文。

具沢山すぎて麺が隠れてしまっている。

それほど豪華な仕上がりだ。

特筆すべきは濁りのない透明なスープ。

上品、かつ円やか。

あっさり塩味で玉ねぎと三つ葉がアクセントとなる。

見てわかるように、レアチャーシューの火通しが絶妙で柔らか。

何枚でも食せる旨さだった。

オープンしたばかりなのに客入りは上々。

本格的に一品料理を始めたら、今以上に混雑するのでは……? 


深江橋に足を伸ばした際は、ぜひ寄りたいお店だ。


mato_osaka_096_image24_1601572428 麺匠 輪
[住所]大阪市東成区深江北1-1-24
[TEL]080-2545-3801
[営業時間]11:00〜14:30
      17:30〜22:00
[定休日]不定








加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。